エアーポッズに変えたら人生変わった件について

どうもカントウです
今回はエアーポッズのレビューをしたいと思います
iPhoneやiMACなどで有名なappleが販売している無線で使えるイヤホンですね
そのお値段はなんと1万7千円くらいします
たっか汗
しかし、私は意を決してポチりました
そうしたら、世界が変わりました。
今回はそんなエアーポッズのどこが良かったのか?などを解説していきたいと思います♪

他の無線イヤホンじゃダメだったの?

 
このエアーポッズを買う前は、私は他のBluetooth対応イヤホンを使用していました


しかし、結局使わなくなり、タンスの肥やしとなりました
その理由はこちら

  • バッテリー残量が分かりにくく、充電のタイミングがわからない

ようはこれでした
バッテリーがあるかどうかは、イヤホンの光がついてるかどうかでしか判断できないので、自分の頭のなかで
「ああ、だいだいこれくらいの時間充電して、これくらい使ったから、あとはこれくらいもつだろうなぁ・・・」
と考えるしかなかったのです。
しかし、いつもそんな余裕ぶっこいたことができるほど優雅な生活を送っているわけでもありません
ここぞ!というときに電源が切れていて使えない!という場面が何度かありました
また、電池が切れると、再起動する時いちいちペアリングを手動でする必要がありました
イヤホンのボタンを長押しして、スマホの設定画面を開いて、Bluetoothの接続を確認して・・・
そんな事を繰り返しているうちに、めっちゃストレスになってきて
「ああっ!もうええわ!有線イヤホンに戻そう!」
となってしまいました。
しかし、ご存知のように、コードがあるイヤホンはいちいち絡まって、取り出すたびにそれを解くのがめっちゃ面倒くさいです
ブチ切れた私は、気がついたらアマゾンでエアーポッズをポチっていました
なんか便利っていうあいまいすぎる知識しかなかったにも関わらずです汗
ですが、これが実際に使ってみたらやばかった

エアーポッズの良さとは?

 
エアーポッズ
名前だけは知っていました
マナブさんがオススメしていたことだけは覚えています
ですが、正直「これまじやばいっすよ」という、フワッとしたことしか聞いていなかったので、ぶっちゃけどこがいいのか分かりませんでした
値段も鬼高いし
私もポチる前までは「いや、イヤホンに1万7千円出すとかアップル信者ヤヴァイなwお布施乙www」
と思っていました
でも実際使ってみて、考えを改めたね・・・
まずメリットを並べてみます

  • バッテリーの残量が手軽に一眼でわかる
  • イヤホン取り出すというワンアクションでペアリング
  • 耳から取り外すというワンアクションで再生停止する

一言でいうと「ユーザーインターフェースが神ってる」
一つずつ解説します。
まずはバッテリー残量の確認方法。
iPhoneに近づけた状態で、エアーポッズの蓋を開いてしばらく待つ。
たったそれだけでエアーポッズのバッテリー残量が確認できるのだ⬇️

ヤヴァイ
そして、次のワンアクション。
これもヤヴァイ
蓋から取り出しただけで、エアーポッズは爆速でiPhoneとペアリングが完了する
アマゾンで2〜3000円で買える無線イヤホンにありがちな数分ペアリングで待つ・・・なんてことはない
そして、耳から外しただけで再生がストップするのも、地味に便利だ
他の無線イヤホンでは、いちいちスマホで再生を停止させる動作をしなければならない
バッテリー残量の確認
必要最低限のアクションで操作できる利便性
確かに1万7千円は高いかもしれない
しかし、私は作業環境の投資の為、これを買って正解だと思っています

というわけで、今回はエアーポッズのレビューをお送りしました。
最後までご覧くださり、ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です