記事作成で重要なこと:四つの壁を打ち砕け!

どうも、カントです。

今回は「記事作成で重要なこと:四つの壁を打ち砕け!」について、お伝えしていきます。

「四つの壁(ノット)」とは、元々マーケティングの概念です。

具体的に言いますと、以下の通りです。

四つの壁(ノット)
  1. ノットオープン
  2. ノットリード
  3. ノットビリーブ
  4. ノットアクト

それを記事作成に落とし込んで、解説していきたいと思います。

動画でも解説しております⇩

①ノットオープン

 

1つ目は「ノットオープン」、つまり「聞いてもらえない」という壁です。

どれだけ記事を書いたとしても、読者さんに記事を開いてもらわないと意味が無いですね。

例えば、記事がコンビニだったとします。

コンビニには看板が必要です。

しかし「看板が無い」、もしくは「呉服屋」などコンビニとは関係のない看板だったら、誰もそんなコンビニには入りたいとは思いませんよね?

 

記事も同じです。

では「ノットオープン」という壁を壊すのには、記事のどこを工夫すればいいでしょうか?

答えは、

  • タイトル
  • ディスクリプション

の2つです。

この2つをどうするかというと、「思わずクリックしたくなるような文言にする」という事です。

具体的に言いますと「タイトル」「ディスクリプション」が、

  • 読者さんの興味を引くものか?
  • 読者さんにとって有益か?
  • 読者さんにとって役に立つものは何か?

というのを意識して書くということです。

これらを工夫することで、読者さんの「ノットオープン」の壁を破壊することができます。

②ノットリード

 

2つ目は「ノットリード」、つまり「読んでもらえない」という壁です。

読者さんに記事を開いてもらっても、記事を読み始めて「つまらない」と判断されたら、そこで試合終了ですね…。

ここでも、記事がコンビニだったと仮定しましょう。

マスクが欲しいお客さんがコンビニに入店してくれたとしても、マスクが無かったらすぐ退店しちゃいますよね?

 

記事も同じですね。

読者さんの「ノットリード」という壁を壊す工夫が、記事には必要です。

ではどこを工夫するか?

それは、導入文を工夫する事です。

具体的には、導入文を

  • 続きが気になるようにフックをかける
  • 「読まないと損するよ、読めば得するよ」

という具合に書いて、読者さんの関心を惹きます。

言い換えれば、

  • ドラマの次回予告のように、続きが気になる導入文
  • 「最後まで読んでおかないと、後で後悔するよ」と促す導入文

にすれば、読者さんがそのまま読んでくれる可能性がグッと高まりますよ。

③ノットビリーブ

 

3つ目は「ノットビリーブ」、つまり「信じてもらえない」という壁です。

読者さんに記事を読んで頂けたとしても、記事が「嘘くさい」と思われたら、やっぱり試合終了ですね…。

再び、記事がコンビニだったと仮定しましょう。

欲しい商品があるコンビニだったとしても、店員が北斗の拳に出てくるような世紀末な風貌だったら、スグ逃げ出したくなりますよね?

こうならない為にも、「ノットビリーブ」の壁を壊す必要があります。

それは、記事の本文に工夫をする事です。

 

ではどんな工夫が必要か?

それは、

  • 共感してもらう
  • 感情的価値・体験談などをバリバリぶっ込む

が必要です。

 

少し掘り下げて、考えてみましょう。

例えば、「共感してもらう」を意識しない記事を書いたら、どうなるでしょうか?

仮にどれだけ有益な情報を提供したとしても、読者さんに

  • 「なんだか共感できないな」
  • 「自分事として受け止められない」
  • 「別にコレ、私に関係ないし」

と思われたそこで読むのを止めてしまうでしょう。

だから読者さんに「共感してもらう」のが必要なのです。

その「共感してもらう」方法が、もう一つの「感情的価値・体験談などをバリバリぶっ込むという事です。

 

では「感情的価値」とは何でしょうか?

それは読んでいて読者さんが「そうそう、コレコレ♪」と共感できる、つまり感情が動く内容を持つ文章の事です。

具体的には、ライター自身の

  • 自分の感想
  • 自分の成功・失敗体験談

を指します。

つまり、これらを盛り込んだ内容を記事にぶっ込めば読者さんの共感が得られるはずです。

④ノットアクト

 

4つ目は「ノットアクト」、つまり「行動してもらえない」という壁です。

例えば、アナタが書いた記事を読者さんが最後まで読んだくれた後、

  • 「なるほど、素晴らしい!」
  • 「心動かされた!」

と感動してくれたとしましょう。

しかし、ほとんどの読者さんはその後、何も行動しません。

これが最後の壁、「ノットアクト」です。

 

では、どうすればこの壁を超えることができるのでしょうか?

ここで必要になるのが

  • まとめ
  • 最後の締めの言葉

です。

この2つを上手く工夫する必要があります。

工夫するポイントは「最後の一押し」です。

すなわち、「まとめ」で今まで記事本文の中で挙げてきたポイントを箇条書きにします。

こうする事で視覚的に分かりやすくなり、今までの内容を読者さんが整理し、スッと理解してくれます。

そして、「最後の締めの言葉」で読者さんの背中を押してあげます。

ではどうやって、背中を押すか?

・・・チョット思いつかないので、それはまた次の機会にお話ししたいと思います(汗)

記事作成で重要なこと:四つの壁を打ち砕け! まとめ

 

  • 「四つの壁(ノット)」とは、ノットオープン」「ノットリード」「ノットビリーブ」「ノットアウト」という、読者が構える壁のこと
  • 「ノットオープン」とは、「聞いてもらえない」ということ
  • 「ノットリード」とは、「読んでもらえない」ということ
  • 「ノットビリーブ」とは、「信じてもらえない」ということ
  • 「ノットアクト」とは、「行動してもらえない」ということ

 

今回の記事が、少しでもあなたのライティングにお役に立てれば嬉しいです。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です