ただのおっさんがネットビジネスに到るまでのお話(雑に)

どうもカントウです
さて突然ですが、私がネットビジネスにたどり着くまでの道のりを雑に書こうと思います
工場勤務で生きる気力なくした状態で悪徳商法に騙されて戦った話とか
ひきこもり2回あったこととか、東京のど真ん中でホームレスになったこととか、社会人バンド7個全滅させた話とか
今回は、そんな訳わからん経緯を辿りながら、それでも新たな挑戦しているおっさんのお話ですね

ネットビジネスにたどり着くまでの話

 

初めての工場勤務、悪徳商法との戦い

雑に。
まずは、短大を卒業して、私はとある工場で働き出しました
期間は3年。ぶっちゃけ嫌気さしまくりで辞めました
それまで短大で製造業に関する知識を学んでいたのに、任される仕事はひたすら手作業ばかり。
手を動かして、機械を動かして、手を動かして、機械を動かして、手を動かして・・・・
それを八時間から10時間永遠と繰り返すのだ。
あれ?私、必要とされているの・・・ここから先(肘から先)だけなのか?
っていうか、ロボットアームかよ。何の為に入社したんだろう?
仕事中は、そういった疑問ばかりがグルグル頭の中を回っていました。
そして、工場でありがちな怒号と罵声。なんというか、動物をしつけるような新人教育の仕方で、私は光の速さで労働意欲を失いました
一人暮らしのアパートに帰り、また怒号と罵声と意味不明の仕事内容・・・そんな生活を続けているとちょっとずつ頭がおかしくなっていきました
「生きている意味って、あるのかな?」
そんな気持ちを抱えていたとき、アパートを尋ねてきたのが、悪徳業者でした。
高級布団を販売している方々ですね
その時私は自分の存在価値がゼロだと思っていましたので、彼らの勧める商品をなんとなく買いました
抵抗することもありませんでした。自分の人生には、価値がないと思っていましたから
しかし、さすがにローンが積み重なり、生活が成り立たなくなった時、私は司法書士に連絡して、
彼らと交渉する事にしました。
あれやこれやのすったもんだがありまして、結局支払いは半額にしてもらう事になりました
相手も違法性をある程度認めていましたので、それで済ませることができました
私は「この戦いが終わったら、この仕事を辞めるんだ」と決めていましたので、その戦いが終わったあと、会社を辞めました
そのさい、仕事の引継ぎをスムーズにする為に私が上司に手渡した「工作機械完全マニュアル(私が任されていた機械)」
の作成が、今取り組んでいるネットビジネスに生かされるとは、その当時は思っても見ませんでしたが・・・

引きこもり、職業訓練校に応募する

次に。
仕事を辞めた私は、実家でしばらく引きこもりました。
その間、本当に一日中家にいました
初めは楽しかったのですが、1週間が経過してくると、さすがに飽きてきます
ですので、私はゲームに没頭することにしました
弾幕シューティングゲーム、東方プロジェクトをガチで攻略することに没頭します
初めは全然勝てなかったのですが、1ヶ月もそればっかり取り組んでいたので、見事東方三部作をクリアすることができました
なにやってんだw
しかし、この経験も微妙に今のネットビジネスに生かされていたりするので、案外バカにできない出来事でした
そして、流石にそのままではマズいということで、私はハローワークで募集している職業訓練に参加してみることにしました
求職者が、お金をもらえて仕事のスキルを学べる神システムである。
期間は6ヶ月。その間に私は次の仕事を考える事にしました

そうだ東京に行こう

 
しかし、それで私が無事地元就職をしたかというと、そんなことはなかったのです
職業訓練が終わる頃に、私は車一つで地元を離れ、東京に行く事にしました
というか、ほぼ夜逃げ同然で親にも言わずに旅立ちました
本当に当時は、人生行き詰まっていました。
自分の可能性を何一つ信じられませんでした
そのとき、私の唯一の友人が東京にいましたので、彼の元に行こうと決意したのです
東京に行く若者。
普通は夢や希望に溢れていくのでしょうが、私はまるで違いました
夢も希望があったから上京したのではなく、夢も希望もなくなったから上京したのです
その先で、私は何かを掴めたと思いますか?
しかし、そうは行かなかったのです

東京で学んだ事

 
私は、東京にいって、自分が何に向いているのかを探そうとしました。
しかし、いろいろな仕事をしていきながら、やがて結論にいたりました。
私は、そもそも生きる事に向いてない
そんなどうしようもない結論にいたり、私は途方にくれました
そんな矢先、親と久しぶりに再開し、そのあと強制送還されました
私の顔が、あまりに痩せ細っていたから、らしいです
私自身、特に東京に未練はなかったので、そのまま実家に戻りました

東京のホームレスから、実家に引きこもりに逆戻り

 
実家に強制送還され、私はふたたび実家に引きこもりました
1ヶ月ほど、うちの中で呆然としていましたね。
しかし、やはりなんだかんだで飽きてきます。私は何でもいいから正社員で就職できるところを探しだします
そして今勤めているちっっさい工場に中途で入ることになります

社会人バンド、苦闘の日々

 
しかし、入ってから6年間はマジで苦痛でした
工場だから、賃金は安く、かつ上司はめんどくさいやつばかり汗
そのめんどくさい上司のいる部署から配置転換されるまで、私は朝食が食べられなかったです(ストレスで吐いてしまう為)
もちろん、仕事でやりがいも生きがいを感じる事はなかったため、私は今まで避けてきた挑戦をすることにしました
バンドボーカルへの道
それで、私は何のコネも知り合いもいない状態で、10年間で7バンドに参加することになりました。
結果的に、全て失敗に終わりましたが、最後のバンド活動の最中、バンド資金を溜める為に始めた副業(ライティング)でネットビジネスを知り、今に至ります

雑なまとめ

 
今回は私がネットビジネスに到るまでの流れを超絶雑に書き殴りました
正直、まともに書くと2万文字を超えるため、今回は練習をかねて雑に書きました
本当はその間に様々な葛藤や挫折、いろいろな出会いや別れがありましたが、それは
またどこかで少しずつ書いていきたいと思います
最後まで御覧いただきありがとうございました
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です