動画編集は簡単?元バンドマンが遭遇したプロ動画編集者の実力とは?

どうもカントウです
最近、副業の話題で動画編集が稼げる!という話が出てきていますね
私自身は2ヶ月だけユーチューバーをやっていた時期があり、ある程度動画編集はできますが、動画編集の仕事自体は受けたことはありません
ですので、動画編集の仕事の最前先は知らないのですが、ぶっちゃけ今ならまだブルーオーシャンですので
狙っている方はぜひ取り組んだ方が良いと思います
プロと呼ばれている人でも、大した実力がない人もいたりするので(汗)
今回は、私がバンド活動をしていた中で遭遇した体験を交えて、その事実を掘り下げていきますね
 

バンドでMV撮影をしていた時の話

 
「おい!これからMV(ミュージックビデオ)撮影するぞ!
今回はすごいぜ、動画編集を仕事にしている人が俺たちの動画作成に協力してくれるんだからな」
当時、私の在籍していたバンドのリーダーがドヤ顔でメンバーにそう言いました。
「仕事のコネを使って格安の20万でやってくれるんだ!俺の営業手腕ったらすげーだろ?」
音楽業界に詳しいメンバー達は大いに盛り上がっていました。
そして、MV撮影が終了し、2週間ほどしてプロの編集は完了。無事MVは完成したのだが・・・
そのMVをみた時の私の感想は
「いや、これ俺でもできるんですけどw」
でした。
ちょいちょいプロッぽいエフェクトかましたり、本格的っぽいフィルターかぶせてそれっぽくしているだけやん・・・
1万ちょいで買えるWindowsの動画編集ソフトPowerDirectorでもできるやんこれ・・・
しかし、その事実をメンバーにいうわけにはいきませんでした
「ちょ、お前らマジ情弱wリーダーなにドヤってんのwww」
とかいえませんて・・・

まとめ

 

  • 動画編集は今ならブルーオーシャンだから狙い目
  • プロのなかでも、素人と同レベルな人は存在する
  • リーダーマジ情弱w

 
はい、ちょっと今回は悪意に満ちた記事になってしまいましたが、動画編集はぶっちゃけ簡単にできますのでオススメですよ
ちなみに私はユーチューブで20分の動画を撮って、編集時間は8時間を超えたことがあります汗
しゃべる為に原稿を書くのですが、5秒に一回カンペをみるために、カメラから視線を外しており、
そこを全部細かくカットしていたら、それだけ膨大な時間がかかりました。もちろんテロップもいれてましたね・・
動画撮影者によっては、そんな過酷な案件もあるかもですが、それも経験だと思って、まずは初めてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です