CDメデイアはもう古い!?バンドマンがとるべき次世代の戦略とは?

皆さんは音楽聴きますか?音楽聴くとして、どんなメディアで聴いていますか?
今はスマホで定額サービスで聴くのが当たり前になってきてますね。
では、CDで音楽を聴く機会はありますか?
私は昔バンドやっているのですが、正直CD売れなかったです。
もちろんテメェの音楽がクソダサいからだ!という突っ込みもあるかもしれませんが、中身はこの際置いといて、今回はCDで音楽聴くのってもう面倒くさいよね?というお話をいたします。
CDでなんらかの作品を販売している方の参考になれば幸いです。

そもそもCD再生する機器持ってない

 
今の若い方は顕著何ですが、パソコンを持たないで、スマホで音楽を聴いています。
また、東京など交通機関が発達した地域では車を持たない人も多く、やはりCDを再生する機器がないのですよ。
バンドマンがCD売れねぇ!と嘆くのはある意味時代の流れだからしょうがない部分もあります。
というか、CDは普通にファングッズとして売った方が良いと思います。
まぁ、握手会のガチャ券をもらえるCDの売り方はエゲツないけどね…

CDはかさばる

 
例えば無料でCDを配ったとします。
でも、ここでも問題が発生しますね。
そう、CDってかさばるんです。
それは、たしかにレコードプレーヤーに比べたら段違いにコンパクトですよ?でも、ぶっちゃけライブハウスとかでCD渡されても、悪いけど速攻でゴミ箱コースですよ。
「今聞けないんかい!」ってなりますからね。
面倒くさいんですよ。ライブ会場から帰って行き、車に乗る人はCDケース開いて、CD取り出して、プレーヤーにCD挿入して…
うちにプレーヤーやパソコンある人も、わざわざ面倒臭い操作をしてやっと音楽を聴けるっていう。
ぶっちゃけ無料で配られたCDの音楽聴くためにそこまで手間かけたくないだろうな、というのが私の本音です。

お互いコスパ悪い

 
これはアーティスト側にもデメリットがあるよ、という意味も含めてですが、CDって製作コストかなりかかるんですね。
CDやケース自体も買わなきゃいけないし、CDやケースに印刷するインク代もバカにならないし。
場合によっては、売れれば売れるほど赤字っていうのもザラにあります。
CD販売はコスパ悪すぎなんです。

今の時代ネット配信、ネット販売は当たり前

 
いまは個人がAmazon musicやライン musicで音楽配信できる時代です。登録料とかはたしかに取られるのですが、CDガンガン何百枚もプレスして在庫抱えたりするよりはるかにマシだと思いますよ。

ユーチューブでMVを動画配信当たり前

 
ユーチューブで動画配信して知名度を上げる戦略も、今や当たり前となりました。
「ユーチューブに無料で動画や音源を配信するなんて、金稼げねぇじゃん!」
とお考えの方はもう完全に終わってますよ。
スマホ全盛期の現在、検索できないものは存在しないのと同じ、と言っても良いくらいの勢いです。
つまり、スマホなどで認知されなければ存在しないのと同じ、と言っても過言じゃないわけです。
たとえ無料で公開したとしても、それで自分達を認知して頂ければ、そこから導線引っ張って、ビジネスにつなげる事ができますから、アーティストはユーチューブやった方が良いですよ。
ツイッターやインスタでも動画貼り付けて拡散させる事も出来ますし。

まとめ

 
CDは時代遅れだから、バンドマンはネット配信しましょう。
コスパ良いし、認知されやすいし、ライブハウスに来てくれたお客さんに手間を掛けさせる事もなくなりますから。
というめっちゃ上から目線の記事でした。
今日もご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です