常識は変えられる!社畜精神にまみれた私が解説してみた

どうもカントウです
今回は「常識は変えられる」というテーマでお話していきたいと思います
この文章を読まれている方は学校に通われている方、お仕事をされている方、専業主婦の方など
様々かと思われますが、今回はお仕事をされている方に向けてお話していきますね

社畜精神という常識

 
「常識は変えられる!」
数々の自己啓発書などではさんざん目にしてきた言葉だと思います
正直、そんな簡単に変えられるか!
と思う方もたくさんいらっしゃると思います(笑)
ですが、私自身常識を2つ変えることができた経験から、
「あっ、変えることは可能なんだな」
と思っております
私が変えた常識は

  • 断捨離の概念(所有物に対する常識)
  • 糖質制限の習慣化(栄養学に対する常識)

の2つです
これは別の機会にお話しますが、ぶっちゃけかなり生活が変わりましたね
さて、「常識は変えられる!」
というお話に戻りますが、今回変えられる常識としてとりあげるのは「労働者思考」
です
いわゆる社畜精神ですね
「会社に滅私奉公することが正しい」
「みんなが残業しているなか、自分だけ帰るのは気が引ける・・・」
から始まり
「人生の目的は仕事だ」
「上司に絶対服従」
など、いままで日本を支えてきた常識の数々
今の学生の方からすると
「いやいや、冷静に考えておかしいでしょw」
と思われるかもしれませんが、社会に出る(労働者として会社に属する)と
いまだにその常識が蔓延っていたりします
現在会社員として働いていらっしゃる方は(私もそうですが)その常識に苦しんでいるのではないでしょうか?
この社畜精神が常識としてまかり通っている、そんなあなたに向けて書いていきますね

常識を例え話にすると

 
例え話を2つご紹介します

常識は着せ替え可能(本人ではなく服である)

いきなりですが、常識は着せ替え可能です
ユヴァル・ノア・ハラリ氏の書かれたサピエンス全史にも、人類は何度も常識を入れ替えて歴史を紡いでいることがわかります
(宗教最高!→科学最高!→ヒューマニズム最高!など、人は何度も常識を再インストールしている)

常識は、いわば服の一種と考えてみましょう
みなさんも、オシャレなパーティーに参加するとき、こざっぱりとした服を着ることでしょう
しかし、うちに帰ったらパジャマなどリラックスした服にも着替えますよね?
それと同じで、常識も着せ替えが可能なのです
常識とは、ひとりぼっちでいる時には不要で、人と接する時に初めて必要となってくるものです
誰も陸の孤島で一人なのに「常識が大事だ!よし、目上の人には丁寧語を使おう!」
なんて考えないですよね汗
ですので、状況に合わせて常識は変えられるということをまずご理解下さい
そして、社畜精神は「環境に合わせるために身につけた服」であることに気づいてください
その社畜精神を破壊するために一番いいのが副業を始めることなのですが、これはまた別の機会にお話しますね
さて、社畜精神という名の服
これをずーーーーーっと着たままでいると、これからの時代はだいぶ生きにくいのかなと私は感じています
正直世界の流れからして、かなり旧石器時代の考えですよ
そして、全然コスパの悪いファッションでもあります
例えるならば、腐った十二単ですね
重いわ、腐臭がして不快、不適だわでいいことありません
ほりえもんさんだったらこんなことを言うかもしれません
「ちょw今時十二単とか平安かw
しかもめっちゃ腐ってるじゃん!あーもう悪いこと言わないからさっさと着替えようぜ?ユニクロ最高だせ?」
的な
すみません私の本音ですね。いや、社畜のみなさん石投げないで(汗)
とにかく、社畜精神、労働者思考という常識は破壊していかないとダメですよということです

常識は切り替え可能(OSではなくアプリである)

別の例え話をします
スマホで例えますと、常識はOSではなくアプリです
ですので、切り替えることもできますし、全然未知のものでもインストールは可能です
ハラリ氏の書籍にも触れられていますが、人類はそうやって新しい常識をアップデートしながら歴史を重ねてきました
繰り返しますが、常識はアプリで、決してOSではありません
アンドロイドやiOSなど、スマホの根っこの部分ではないです
「常識なんて変えられないよ・・・だって私そのものなんだから・・・」
的に、常識を自身の根っこの部分と捉えて、哲学的に考える必要はないのです
切り替えられますから
ですが、社会人でしたら会社に入ったとき徹底的に「社畜精神」を叩き込まれることが多いです
学生時代から叩き込まれた常識も悪影響を与えていますから、その「社畜精神」という常識は強烈にあなたにインストールされているでしょう
大手電話会社でスマホを契約すると、初期設定からめっちゃわけわからんアプリとかインストールされていた・・・そんな経験はありませんか?
「これ便利だから使ってくださいね!」
と受付のお姉さんに説明受けたとかはありませんでしょうか。
「いや、確かに便利かもしれんけど・・・動作めっっちゃ遅いやん!しかもデータ容量めっっっっっちゃ圧迫してるし汗」
ということは、私が実際にあった出来事です(しかもなぜか消せないw)
つまり、常識もこれと同じで、我々はいつのまにか社会から強制インストールされたアプリを使わされているんですよ
「社畜アプリ」
っていうクソ仕様なアプリが(涙)

  • 動作めっちゃ重い
  • 数分おきにめっちゃネガティブな広告が表示される
  • データ容量を圧迫し、他のアプリをインストールする余裕がない
  • ユーザーインターフェースが死ぬほど使いにくい
  • アプリの目的が不明、基本クソゲーでマゾ仕様

など、終わってる特徴目白押しですね・・・
ですので、常識はOSではなく、アプリの一種ということをご理解していただき
「あっ、この常識は勝手にインストールされたもので、切り替えることは可能なんだ」
ということに気づいて欲しいのです
まぁ、私自身もつい最近気づいたことなので、あまり偉そうなことは言えませんが(笑)

まとめ

 

  • 常識は着せ替え可能
  • 社畜精神という「腐った十二単」を我々は着せられている
  • 常識は切り替え可能
  • 社畜精神という「社畜アプリ」を我々はインストールされている
  • まずは常識は変えられるものだということに気付きましょう

いかがでしたか?
私自身も社畜精神、奴隷精神に首までつかったままで37年間生きてきました
他人の目を気にして、自分は何もできないんだという無力感を味わい続けてきました
しかし、今他人から評価されない人は、これからの時代はチャンスだと思っています
評価されないということは、世間が今の常識で「あなたの価値」を測れないからです
だから、「私には価値なんてないんだ」と嘆いているひとこそ、チャレンジして欲しいと思います
私自身もまさにそう感じている一人ですので、チャレンジしていきます
最後までご覧いただきありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です