【思考停止は危険】700記事書いたけどアクセスが死亡している件について

どうもカントです。

私の名前はともかく、とりあえずこれをみてください

すごく・・・少ないでしょう汗

これは、私が外注化を駆使してめちゃめちゃ記事を投稿したサイトです。

下がっているのは、今年5月のグーグルアップデートに被弾したからですね。

現在、約500記事投稿済みで、公開予約記事が280あります。

「これだけ書いたのに、なぜ無風なのだ⁉︎

グーグルめ、凪か?水の呼吸でも使っているのか?」

という私の絶望ビリーはおいておいて、冷静になって原因を考える必要がありました。

私は外注化を使用していて、月に100記事上がる仕組みを構築済み。

ですが、どれだけ高品質な記事を大量投稿できる力があっても

グーグル「当たらなければどうということはない」

という訳です。

おそらく、ここで挫折するアフィリエイターの方も多いと思います。

逆に、この挫折ポイントを抜け出せば、めちゃめちゃ差別化が図れると思い
今自分を鼓舞している状態です。。。

これからの対策は?

 

今、私は特化型サイトを2つ運営していますが
(300記事のサイトと、今回紹介しました700記事のサイト)

それ以外のサイトを作ります。

ブログ運営は、「強くてニューゲーム」と言われます。

サイトがぽしゃっても、気にせず作りつづける事が大切です。

今回ミスった要因は

  • ライバル強すぎるところで戦ってしまった
  • サイト設計が雑

などが挙げられます。

そのあたりを改善していき、少しずつ成長していこうと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です